MINI CHALLENGE ASIA.JAPAN SERIES 2019 Round.3 第5戦 決勝レポート

8月25日、2日目を迎えたMINI CHALLENGE ASIA.JAPAN SERIES 2019 Round.3 スポーツランドSUGOは、太陽が雲に隠れることがあるものの、午前中は好天に恵まれました。ただ夜間にいくぶん冷え込んだためか、路面温度は思いのほか上がっていない様子。リアタイヤが温まりにくいミニにだけに、影響があるかもしれません。

 

さて、レース1決勝(MCJP第5戦)は、前日に公式予選が行われ、#01 ⼀條拳吾選手がポールポジション。⼀條選手は、第4戦まで優勝、2位、2位、2位と、素晴らしい成績を残しています。続いては、2番手 #10 勝亦勇雅選手、そして3番手 #02 後藤⽐東⾄選手、4番手 #15 リン・ゼイ選手、5番手 #05 猪爪杏奈選手、6番手 #08 レオ・ライ選手という結果となりました。#02 後藤選手は昨日の公式予選でコースアウトし、マシンにダメージを受けてしまいましたが、前後バンパーを交換するなど修復を行い出走しています。

 

ピレリのスリックタイヤを履いた6台のマシンがグリッドにつくと、午前9時35分にレース1決勝がスタート。第1コーナーは一條選手が後続を抑え、1周目は順位に変わりなくコントロールラインを通過しました。しかし一條選手のすぐ後ろには、スキがあれば前へ出ようと勝亦選手がぴたりとつき、この2台が少しずつ後続を離していきます。3番手は後藤選手、4番手リン・ゼイ選手という順位も変わりませんが、この2台の差もわずか。リン・ゼイ選手選手が1コーナー等でたびたび仕掛けるものの、後藤選手が巧みに抑えるという展開が続きます。また、5位 猪爪選手、6位レオ・ライ選手はやや差が開いた状態で周回を重ねます。

 

中盤まではこの状態が続きましたが、8周目には徐々にペースを上げていた猪爪選手がリン・ゼイ選手をかわし4位へ。そして9周以降は1位から5位の間隔が開き、順位は変わらずレースが進みます。しかし、5位 リン・ゼイ選手と6位 レオ・ライ選手の間隔が徐々に詰まり、最終周でレオ・ライ選手が5位へ浮上。そして、14周を終え一條選手が余裕を持ってチェッカーフラッグを受け、2位 勝亦選手、3位 後藤選手、4位 猪爪選手、5位 レオ・ライ選手、6位 リン・ゼイ選手という結果となりました。

 

優勝した一條選手は、「開幕戦以来の優勝なので、とてもうれしいですね。今年はチャンピオンをとることよりも、クルマづくりをきちんとできるようになりたいと考えて努力していて、それが実を結んだことに満足しています。そして僕のわがままに応えてくれたメカニックやスタッフに方々に感謝しています」と喜びを語りました。

 

2位の勝亦選手は、「ミニはレース後半にアンダーが強くなるのでオーバー気味にセッティングしていますが、マシンはうまくまとまってきていると思います。これまで悔しい思いをしたレースもありましたが、走りやすくなってきたことが今回の結果につながりました。レース2は5番グリッドからのスタートとなりますが、優勝目指してがんばりたいですね」とコメント。

 

3位の後藤選手は、「予選でクラッシュしマシンがダメージを受けたので、まずは完走と思って走りました。3位は出来すぎですね。チームのみんなにマシンを直してもらい、本当に感謝しています。前半3位争いをしたリン・ゼイ選手はジェントルなドライバーなので、いいバトルができました。神経をすり減らしたものの、とても楽しかったです」と振り返りました。

copyright©2019  MINI CHALLENGE Japan 運営組織:ジオミックモータースポーツ株式会社 所在地:〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内三丁目9-16 丸の内YSビル6F

ユーザーの資格情報を使用してログイン

あなたの詳細を忘れましたか?