2017年6月25日、富士でMINI CHALLENGE JAPANエキシビジョン戦を開催!!

2017年6月25日、富士スピードウェイにて開催されるCCJ(Challenge Cup Japan)第2戦で、MINI CHALLENGE JAPANエキシビジョン戦が行われます。

昨年からテストで使用されていたF56JCWチャレンジカーに加え、新しく3台のチャレンジカーが参戦し、全4台での走行になります。

2017年スケジュールはこちら

 

CCJのレースコンテンツで走行を予定

©️MotorzGarage

CCJ第1戦(3月19日開催)では、フェラーリチャレンジのワンメイクマシンやランボルギーニウラカンスーパートロフェオと混走で走行致しました。

ファステストラップは1分55秒台を記録し、スーパー耐久ST4クラス並みの速さで富士スピードウェイを駆け抜けます。

CCJ第2戦ではMINI F56JCWチャレンジカーが4台走行予定で、第1戦と同じように他のワンメイクレースかーと混走になりますが、ミニチャレンジの4台は後方から別のグリッド(隊列)でスタートを予定しています。

それによりMINI F56JCWチャレンジカーならではの接近戦を演じることができ、またMINI CHALLENGE JAPANが実際行われたらどのように見えるのかを、ご観戦の皆様に感じて頂けると考えています。

CCJ第1戦の様子はこちら(Motorz)

 

MINI CHALLENGE JAPANの見どころ

 

 

©️MotorzGarage

出典:http://www.minichallenge.co.uk/

見どころはFFレーシングカーらしいアグレッシブな走りと、噂の「ファイヤー」。

そして富士スピードウェイのワンメイクレースカー同士のバトルと言えば、メインストレートでのスリップストリーム合戦でしょうか。

MINI F56JCWチャレンジカーは富士のメインストレートでの最高速度が220km/h程と比較的遅いため、長いストレートではスリップの取り合いと、1コーナーの熾烈なブレーキング勝負をお見せできるはずです。

MINI F56JCWチャレンジカーの詳細はこちら

 

まとめ

新しいMINI F56JCWチャレンジカー3台の追加により、CCJ第2戦富士スピードウェイではより実際のレースらしいバトルをお見せできると考えています。

またエキシビジョンレースももちろんですが、Aパドックのピットビル裏では、ホスピタリティを充実させご来場の皆様への充実したサービスをご用意する予定です。

6月25日は富士スピードウェイにて皆さまのご来場をお待ちしております。

 

関連リンク

GIOMIC公式ホームページ

CCJ公式ホームページ

富士スピードウェイ公式ホームページ

 

(written by Motorz&Garage

 

©2017  MINI CHALLENGE Japan

ユーザーの資格情報を使用してログイン

あなたの詳細を忘れましたか?